塗り替え時期のポイント

ご自宅の外壁を手で触った時に手に白い粉が着くようであれば、それは塗装の劣化が進行しているサインです。

これは「チョーキング現象」と呼ばれ、紫外線によって塗料が分解され、粉状となっている状態です。
チョーキングは本来の塗料の性能を発揮できていない状態に起こる現象なので、外壁自体にも劣化が及びます。

塗り替えにベストなのは、チョーキング現象が確認できたタイミングです。
これ以上劣化が進行してしまうと、外壁の補修などに費用がかかってしまい、費用対効果の悪いメンテナンスが必要になってしまいます。

振動や台風など、建物に繰り返し負荷がかかると、ひび割れが生じます。
ひび割れは、外壁奥深くへ雨水の浸入を許す原因にもなりますので、一刻も早く補修し、ひび割れを埋めなければなりません。

大きなひび割れはもちろんですが、爪先が入らないほどの細く目立たないひび割れ(ヘアクラック)であっても注意が必要です。

ひび割れから建物の内部に浸入した水分は、昼夜の寒暖差などで凍結・膨張を繰り返し、ひび割れを内部から押し広げます。

日当たりの悪い北側、日陰になりやすいところには、コケ・藻・カビなどが発生しやすくなります。
これらはその内部に湿気を含んでいるため、見栄えが悪いだけでなく外壁の傷みをさらに進行させてしまう原因になります。

長い間湿気にさらされた外壁や屋根は強度が極端に落ち、僅かな力を加えただけで表面が崩れてしまうこともあります。

ここまで劣化が進んでいる場合、急いで塗り替えを行わなければ大規模な修繕工事が必要になってしまいます。

下地の劣化や、密着不良によって起こる”塗膜の剥がれ”が確認できれば、すぐに塗り替えをご依頼ください。
外壁を守る塗膜は無くなり、直射日光や風雨が直接外壁を襲います。

この状態のまま放置しておくと、雨水はすぐに建物の躯体内部に浸入し、建物の強度は低下。
室内でも雨漏りや壁にシミが生じ、外壁にもひび割れなどの亀裂ができはじめます。

塗装・修繕を行うにも、木造部分が腐っていたり、鉄骨部がサビていたりと費用が高額になるのも避けられません。

この状態になる前に、早めの塗り替えを行いましょう。

室内のクロスにシミがあるなら、水分が躯体の内部まで浸入しているということになります。
外壁や屋根・あるいはベランダなどから雨水が浸入し、室内にまで到達している可能性が高いので、すぐにご相談ください。
放置すると柱や骨組みまでもろくなってしまうこともあり、そうなると大規模な修繕工事が必要になることもあります。
また、住まいの耐久性が落ちるだけでなく、アレルギーを引き起こす原因にもなります。

建物にも人体にも悪影響を及ぼすので、クロスや天井にシミやカビが発生したら、まずはご相談ください。